スポンサーリンク

【ネタバレあり】シベリア少女鉄道『ビギンズリターンズアンドライジングフォーエヴァー』感想

感想・レポ

小ネタ集

今回は舞台内に止まらず、舞台外での伏線も張られていた。

前書き

シベリア少女鉄道ではお馴染みの【観る前は全く分からないが、観終えると全てがわかる”まえがき”】

今回は第二幕は土屋亮一は関わっていない?ので第一幕の野球を中心に用語を並べている。

「そんな男の何が良い?」
いいから外野は下がってて。
「心配をして何が悪い?」
あなたが勝手にジャッジしないで。

引き下がるなら早くして。
本気になったらケガするわ。
今夜はあなたがリードして。
明日には私が突き離すけど。
割に合わないこの夜に、
この九分九厘不毛な時間に、
いいタイトルをちょうだいよ。
昔流行った映画みたいなさ。

私の愛した、そして憎んだ、
いつかのバットマン、リターンズ。
正直じいさんすってんころりん。

引用:シベリア少女鉄道ホームページ
  • 外野…センター、レフト、ライト
  • ジャッジ…審判
  • ケガ…劇中の銀次
  • リード…塁に出たランナー
  • 割・九分九厘…野球の打率は「〇割〇分〇厘」とあらわされる
  • タイトル…首位打者

パンフレット

入場時に配られる出演者やスタッフなどが書かれたパンフレット。今回は土屋亮一のコメントが「諸事情により掲載できませんでした」となっている。直前でもフリは欠かさない。あと、シベリア少女鉄道を見すぎておかしくなっているが、出演者の横に役名を書いていないのって普通あり得ないことだと思う。ネタバレも出来ないうえにコロコロ役が変わる舞台ならではの違和感だ。

ツイッター

本番初日を迎える4日前からツイートがパタリと無くなったのも、劇中で土屋は亡くなっている伏線だった。初日以降は土屋亮一のツイートの最後に(制作部より)とつけてツイートされている。細かいところだが舞台を観終えた後に気づいて思わず笑ってしまう仕掛けだ。

ツイートが無くなったことや(制作部より)に気づかずに何の先入観もなく見れたことは初日に観に行った方だけの特権かもしれない。

無事に土屋亮一の生存も確認出来た。

『ビギンズリターンズアンドライジングフォーエヴァー』は、全ての角度から楽しませようとするシベリア少女鉄道の真骨頂の舞台だった。


記事内で引用した歌詞

「まちがいさがし」

アーティスト名:菅田将暉
作詞:米津 玄師
作曲:米津 玄師

「シンクロニシティ」

アーティスト名:乃木坂46
作詞:秋元 康
作曲:シライシ 紗トリ


観に行った時の東京観光の様子もぜひ

2日目

タイトルとURLをコピーしました