スポンサーリンク

【ライブレポ】「よしもと初笑いステージ」

感想・レポ

「よしもと初笑いステージ」のレポート

1月26日(日)の13:30~あべのルシアスのあべのAステージにて「よしもと初笑いステージ」が開催された。

出演者は

  • ミルクボーイ
  • ツートライブ
  • 祇園
  • 空気階段

の4組。

M-1王者やキングオブコントファイナリストなどそうそうたる面々が揃った観覧フリーのイベント。

もちろん多くのギャラリーのお目当てはミルクボーイで、一目見ようと商業施設の前にある小さな野外ステージを取り囲むように歩道にあふれそうになるぐらいのギャラリーが集まった。

午後1時30分、運営からの注意事項の案内が終わり「よしもと初笑いステージ」がスタートした。


まずトップバッターは祇園

金ぴかのスーツに身を包んだ木崎と「目の下を油性ペンで塗ったのか?」と思うぐらいクマが出来ている櫻井が登場。登場するやいなやギャラリーからの大歓声。それに応えるように木崎が客席に降りてサービスするもさほど盛り上がらず。櫻井「全然パニックになりませんでしたけれども」といじる。木崎お得意のナルシストキャラ全開で場をドンドン盛り上げていく。ネタはグリコ→神社デート→口裂け女の「小さい頃の思い出」。木崎の分かりやすいキャラと櫻井の絶妙な間のツッコミで全ハマり。トップバッターとして100点満点の出来で1組目の祇園が終了。


続いて2組目は空気階段

わざわざ東京から来てくれた既婚コンビ。センターマイクがはけられ、中央にパイプ椅子が3脚置かれ「ソフトバンクおじさん」。野外でのコントということもあって、鈴木もぐらの声が聞き取りにくい部分が多々あったが、「孫氏」「グッピーの養殖」など要所要所のワードでウケていた。というか営業でよくこのネタ選んだな!人力舎に所属していた巨匠(*現在は岡野陽一がピンとして活動)を彷彿とさせるブラックなネタ。子どもがドン引きして般若のお面みたいな顔してた。


3組目はツートライブ

最近、海原やすよ・ともこに激ハマりしているため、主婦層の受け入れ方が凄いなと感じた。事前の「誰目当てで来ましたか?」という質問で、ミルクボーイを差し置いてツートライブの名前があがる圧倒的ホーム。ツカミは【周平魂(イキリ少な目ver)】で独特なアンガーマネジメントをダラダラと喋る。そこからは【周平魂(イキリ全開ver)】で漫才「初詣」を披露。お決まりのマイクの使い方が見れて大満足。


そして大トリの4組目はM-1グランプリ2019チャンピオンのミルクボーイ

登場するとこの日一番の大歓声と鳴り止まない拍手。そしてお決まりのツカミは『二段ベッド』。「二段ベッドの梯子」は聞いたことあったが、とうとう本体さえ貰えるようになったのか。ネタは「ビンゴ」。行ったり来たりが全部ドカンドカンとウケていく。王者の風格が見えた。


ここで一度、中MC。空気階段は別仕事で移動していて、3組のみ。司会進行は祇園が担当。時間が余ったので、今年の抱負。ミルクボーイは「オリンピックの開会式で漫才する」、ツートライブは「しんどい漫才をする」、祇園は「イケメンランキング1位」。ここでツートライブの周平魂がエピソードトーク連発の絶好調ぶりを発揮。


その後は、祇園がMCで「わたしの“あべの・天王寺”イラスト大賞表彰式」が行われ、ここから南海キャンディーズしずちゃんが審査員として登場。「なんでしずちゃん?」と思ったが、実はめちゃくちゃ絵が上手いらしく、絵本まで出版しているらしい。しずちゃんの最近の悩みは「お笑い」と「絵」と「ボクシング」のキャラが片岡鶴太郎と全く一緒ということ。「ヨガを始めます」と鶴太郎に寄せていく発言も。

「わたしの“あべの・天王寺”イラスト大賞表彰式」では小学生以下部門、中学生以上・大人部門の2部門があり小学生以下ならではの可愛らしさがあったり、大人のマジを見せつけていたりと、さまざまなイラストが紹介された。

審査員のしずちゃんは毎回コメントを求められていたのだが、小学生以下部門のイラストに対して「このウ〇コみたいなやつ何?」「(イラストに描かれている動物が)しっかりと肛門が見えてますね」と、家族連れが多い日曜日の昼間には相応しくないコメントを残し、祇園が必死にカバーするという時間が多々あった。


その後「わたしの“あべの・天王寺”イラスト大賞表彰式」も無事に終わりエンディング。

抽選会も終わり、あと「本日のよしもと初笑いステージは以上です。ありがとうございました。」と言えば終われるところで、ミルクボーが「次の仕事がある」という理由を使いたいがために先にハケてしまった。

そのまま、「よしもと初笑いステージ」は終了。


じゃんけん大会

ちなみに、そのイベント後すぐにあべのアポロビルの地下でツートライブとのじゃんけん大会があるということで、そちらにも参加することにした。

「地下2階で行われる」ということは聞いていたものの、行ってみるとイベントスペースもなく本当に行われるのか不安になっていると、主催者の方が「こちらでツートライブさんとのじゃんけん大会を行います」とエスカレーターの横に案内していた。本当にただのエスカレーターの横。

それにもかかわらず、先ほどイベントからそのまま参加する人が100人ほど集まっていて、エスカレーターの横に100人が押し寄せるという【B級パニック映画】のような異様な光景が広がっていた。

ちょっとだけスペースをあけて待っていると、ツートライブが登場。

あべのアポロで使える商品券20枚をかけてのじゃんけん大会となった。

じゃんけん大会の中盤で周平魂はじゃんけん大会での取り締まりが厳しいという話になり、別のじゃんけん大会でMCをやった際、子どもがルール違反をしていることに気づき、

「お前がついたウソは小さいけど、それは一生残るからな」

と説いたらしい。

そのエピソードが披露されると、和やかな雰囲気が一変し、全員がピリピリし赤ちゃんが泣きだすという、じゃんけん大会とは思えない殺伐とした雰囲気に包まれた。

とはいえ、「周平魂は必ず始めはパーを出す癖」を、3回目が終わったあたりでその場の全員が薄々気づいていて、最後に「俺ってじゃんけん弱いんかな」と自分だけ気づいていないというお茶目な一面でエスカレーターの横が和み、無事大盛り上がりでじゃんけん大会は終了した。

女性人気が高い祇園、関西では中々お目にかかれない空気階段、やすともお気に入りのツートライブ、M-1チャンピオンのミルクボーイを見ることが出来て大満足のイベントだった。

タイトルとURLをコピーしました