スポンサーリンク

“マセキの若頭”『赤もみじ』のブチギレ漫才!!ラジオが面白い!?(プロフィール・ネタ紹介)

芸人紹介

プロフィール

コンビ名:赤もみじ

結成:2016年


村田大樹 (写真左)

生年月日:1994年10月5日

出身地:岡山県赤磐市

借金が200万円ほどある。ED


阪田ベーカリー (写真右)

本名:阪田 篤志(さかた あつし)

生年月日:1995年12月26日

出身地:大阪府泉佐野市

芸名にするほどパンが好き。趣味のパン作りが高じ、自身のYouTubeチャンネル「阪田ベーカリーのぱんちゅーぶチャンネル」を開設している。


出会いはハイスクールマンザイ

学年は村田の方が1歳上で当時は別々のコンビを組んでいた。

お互い別々に上京後コンビを結成し、2018年6月にマセキ芸能社に所属。

ブチギレ漫才

赤もみじが注目され始めたのは、2019年のM-1グランプリ。

それまで、ライブシーンで徐々に知名度を上げていたが、スーパーマラドーナ武智ゆにばーす川瀬名人、お笑い好きのミュージシャンであるchelmicoのMamiko(鈴木真海子)スカート澤部らが注目芸人として名前を挙げたことがきっかけで一気に名前が広まった。

インタビューでもザ・マミィ納言からも注目芸人として名前が挙がるなど、若手芸人の間でも一目置かれる存在になっている。


そんな赤もみじの漫才は”ブチギレ漫才”と評される。

赤もみじ『饅頭』
赤もみじ『饅頭』

法事で余った饅頭を渡そうとしてくる阪田に対し、一気にボルテージを上げてブチギレする村田。

赤もみじは日常の中にある「ちょっと気になる1つのテーマ」を必要以上にキレるという漫才スタイルを確立している。

もちろん「ただただキレる」というわけではない。

赤もみじはテーマ選びワード選びが非常に上手い。

テーマ

先ほどの「饅頭」もそうだが、『気にしたことはなかったけど、言われてみればたしかにそう』と感じるテーマに対して村田がアクセル全開でブチギレている。

この【共感】を生む身近なテーマは、ぶっ飛んだ設定よりもお客さんも漫才に入り込みやすく、聴きやすい。

饅頭では「法事の饅頭は気持ち悪い」この他にも「好きな食べ物が湯豆腐の若者は気持ち悪い」「先祖自慢しても本人は何もない」など、各漫才につき1テーマで『気にしたことはなかったけど、言われてみればたしかにそう』を掘り下げている。

赤もみじ『湯豆腐』
赤もみじ『湯豆腐』

残念ながら『饅頭』のネタはネタパレで炎上してしまったが、絶妙な【共感】を生むテーマを見つける能力が非常に高い。

ワード

赤もみじは【共感】を生み出すテーマのみならず、【偏見】を生み出すワードの部分も強い。

暴言に紛れる毒のある偏見と秀逸な例えが綺麗にはまっていく。

「法事の饅頭→事故物件饅頭→大島てる饅頭」

「イチゴをイチゴジャムにする=丸刈りの女性モデル」

「赤の他人を”家族”と思える女性=ガードが緩い=力石徹」

と強烈なパンチラインを次々に打ち込んでくる。

怒り

赤もみじ『公園での筋トレ』
赤もみじ『公園での筋トレ』

サムネイルが『般若のお面』と同じ表情をしている。

絶妙なテーマに毒のあるワードを含めて過剰にキレる。

【共感】のテーマ、【偏見】のワード、【怒り】の村田

この掛け合わせが赤もみじの”ブチギレ漫才”を確立させている。

ラジオ

赤もみじは漫才だけではなく、ラジオも評価されている理由の一つだ。

昨年の大みそかに放送された「三四郎のオールナイトニッポン 年越し初笑いSP」で村田のEDの話で見事「オールナイトニッポン0」の出演権を獲得し1月に「赤もみじのオールナイトニッポン0」が単発で放送された。

急遽決まったラジオだったが、2時間の間にリスナーと阪田が共謀して村田をイジるラジオ特有の関係性が出来上がり赤もみじの魅力が存分に発揮されていた。

SNSでもかなり好評で、本人たちはレギュラーになると確信するぐらいの手応えだったという。

残念ながらANN0のレギュラーとはならなかったが、新たにネットラジオアプリ『GERA』にて『赤もみじの借金パンラジオ』が始まった。

約30分の2人のトークが毎週配信されている。

ネットラジオならではの自由度の高いトークが、より赤もみじの魅力を引き出していて誰でも楽しく聴けるラジオになっている。

マセキの若頭

「ネタパレ」や「ヒルナンデス!」に出演したり、お笑いライブ・イベント制作会社のK-PROが2020年に立ち上げた注目度の高い若手芸人6組で結成されたユニット『チカミチダイブ』(銀兵衛、令和ロマン、リンダカラー、ラランド、オッパショ石、赤もみじ)にも選ばれるなど着実に知名度を上げていく赤もみじ。

昨年のM-1グランプリは準々決勝まで進出したものの思ったようにウケず「写真の前で漫才した」と言っているが、知名度が上がり認知されればキャラも分かり準決勝、決勝と進出する可能性は十分にある。

赤もみじはマセキの若手漫才師を引っ張っていく存在になるだろう。

(文:つちへん)

*外部インタビュー

お笑いファンや著名人も注目する、ブチギレ漫才で話題の赤もみじが語った夢/お笑いメディア【東京で考え中】

M-1グランプリ2019予選で突然注目を浴びた逸材! マセキ漫才の新星「赤もみじ」って何者だ?/exciteニュース

【前半】赤もみじ(村田大樹×阪田ベーカリー)- コンビを組んだ時の理由は「優しそうやから」(笑)

【後半】赤もみじ(村田大樹×阪田ベーカリー)- 2020年はM-1の決勝に行く! そしてモテてこなかったんで、可愛い女の子を振ってみたい/ルーフトップ

コメント

  1. […] 関連記事:“マセキの若頭”『赤もみじ』のブチギレ漫才!!ラジオが面白い? […]

  2. […] "マセキの若頭"『赤もみじ』のブチギレ漫才!!ラジオが面白い?プロフィール・村田大樹(写真左)借金が200万円ほどある。ED・阪田ベーカリー(写真右)芸名にするほどパンが好き。趣味 […]

  3. […] K-PROが2020年に立ち上げた注目度の高い若手芸人6組で結成されたユニット『チカミチダイブ』(銀兵衛、令和ロマン、リンダカラー、ラランド、オッパショ石、赤もみじ)にも選ばれるなど、実力・知名度を着実に磨き上げていく銀兵衛。 […]

タイトルとURLをコピーしました