スポンサーリンク

『アメトーーク!』『しゃべくり007』で話題の”ぼる塾”のプロフィールやネタの見どころは?

感想・レポ

ぼる塾

最近は女性芸人の活躍が目立つようになってきた。

「THE W」の影響もあり阿佐ヶ谷姉妹3時のヒロインがブレイクしたり、男女コンビの納言・薄幸ラランド・サーヤなど、バラエティ番組で徐々に頭角を現している。

その中でも、群を抜いて注目されている女性芸人がいる。

それがぼる塾だ。

プロフィール

まず初めに伝えておくと、ぼる塾はカルテット

吉本の公式ホームページは3人で映っているが、メンバーの1人は現在”育休中”で活動を制限している。

メンバー

きりやはるか

生年月日:1995年01月28日

出身地:東京都 江戸川区

漫才中でも収録中でもいつもヘラヘラ笑っている。

あんり

生年月日:1994年10月07日

出身地:東京都 江戸川区

父親が元暴走族、母親が元レディース、兄2人が元ヤンキーで、芸人を始めるまでは容姿をいじられたことはなかった。

パンプキンショートケーキの鈴木と親密。

田辺智加

生年月日:1983年10月18日

出身地:千葉県 市川市

「はーい」「まーね」などのギャグを持ち、ジャングルポケット斎藤慎二の「はーい」は田辺と共同開発したものである。

28歳まで渋谷ギャルをやっていた。大の亀梨和也ファン。

酒寄希望

生年月日:1988年4月16日

出身:東京

現在”育休中”


酒寄はぼる塾でバラエティ番組に出演する際は参加しておらず世間的には女性トリオのイメージが強いが、ぼる塾のYouTubeでは酒寄も度々参加している。

公式YouTubeチャンネル:ぼる塾チャンネル

経歴

ぼる塾は女性カルテットという珍しいユニットだが、元々は別々の2組のコンビだった。

きりやとあんりが組んでいたコンビ『しんぼる

田辺と酒寄が組んでいたコンビ『猫塾

この2組が合体した形で『ぼる塾』が結成された。


結成のきっかけは昨年のM-1グランプリ2019。

元々合同ライブも行うほどの交流があった2組が、酒寄の産休をきっかけに即席トリオとしてM-1グランプリに出場した。

当時は即席だったためしんぼるとぼる塾の2組で出場し、しんぼるが準々決勝、ぼる塾が3回戦まで進出。

GYAOの予選動画が配信されるとお笑いファンを中心に話題となり、その後2019年12月にカルテットとして正式にぼる塾が結成された。

理想的なトリオ漫才

ぼる塾漫才「幸せになりたい!」
ぼる塾漫才「幸せになりたい!」

M-1の予選動画で初めてぼる塾のネタを見た時、あまりの面白さと斬新さに衝撃を受けた。

ぼる塾はバラエティ番組にも多く呼ばれているが、やはり評価されているきっかけは漫才にある。


あんり「私たちですね、小学校からの幼なじみのはるちゃんとあんりと、私と体重が同じの田辺さんです。」

田辺「はーい。」

きりや「私たちこんなに仲良しなんですけど、私とあんりは25歳で、田辺さんだけ36歳なんですよ」

田辺「はいでたー、すぐ若さアピールする女!!」


ぼる塾の定番のツカミなのだが、キャラクターをお客さんに分からせるツカミの本来の役割に加えこのツカミはもう一つの役割を果たしている。

このツカミでは
きりや×あんりvs田辺
きりやvsあんり×田辺
の両者と共通点を持つあんりを中心に2対1の構図を作っている。

この2対1の構図は漫才中ずっと行われているため、始めのツカミでそれをお客さんに印象付けることで漫才を見やすくしている。

それでいてネタの掛け合いも【きりや⇔あんり⇔田辺】と両サイド同士での会話がないためトリオのネタとして一番見やすい理想的な流れを作っている。

きりやがフリの役割をして、あんりがトスを上げて、田辺がオチを飾る。

ぼる塾のベースは【田辺のキャラを最大限に活かす猫塾の漫才

ぼる塾の強みはしんぼるの漫才にあった【あんりの自虐、毒舌

合体し人数が増えたことでネタが破綻するかと思いきや、お互いの短所を消しあって、長所のみを残した新たなシステムの漫才を作り上げた。

トゲのあるあんりの自虐と毒舌も、あんり自身のフォローや田辺のオチのエピソード、そして最後の「はーい」でオブラートに包んでいる。

全て自己完結させることでお客さんも気持ち良く見ることが出来る。

ぼる塾の漫才は【奇跡】に近いバランスで完成されているのだ。


あと、これはネタに関係ないが3人ともめちゃくちゃゲラ。

きりやは自分のセリフ以外でずっと笑っているが、あんりと田辺も気が緩むと笑ってしまい何も進行せずただ「女性3人が舞台上で笑っている」というただの幸せな時間がある。


次のページでは「なぜ、ぼる塾がテレビに引っ張りだこなのか」を考察していこうと思う。

タイトルとURLをコピーしました