スポンサーリンク

【現状・決意表明】お笑いブログを始めて2か月が経ち、今更気づいたこと

その他

当ブログ「世界は笑いでできている」を立ち上げて早2か月が経ちました。

始めは分からないことばかりで試行錯誤の日々でしたが、ネタパレの出演を機にサーフボードストレッチさんご本人と連絡を取りながら記事を作成したり、おふざけで書いた祇園木崎さんの記事がご本人とアインシュタインの稲田さんに引用リツイートされたりと嬉しいこともちょこちょこありました。

サボりがちですが【お笑い担当】の「世界は笑いでできている」と【音楽担当】の「オンガクノリバ」の2つのブログを運営しているのも、普段からブログを見てくれたり、感想をくれたりしてくれる皆さまのおかげです。

ありがとうございます。


そんな中、ブログを始めて2か月経ち気づいたことがありました。

PV数が全然伸びない!!

いきなりフォントサイズがスーパーキノコを食べてしまいましたが、とにかくPV数(プレビュー数)がびっくりするほど伸びていません。

というのも理由は明白でした。

玄人狙いすぎる

例えばこの記事

ブログを始めてすぐの頃に書いたマセキ芸能社所属の漫才コンビ”銀兵衛”についての記事。

そもそも銀兵衛はまだ芸歴3年目でテレビ出演も少ない。

それなのに、いきなり「あゆむの方を見ろ!!」って言われても「そもそも銀兵衛を知らない」という人がほとんどです。

銀兵衛について知りたいとなった時、この記事は「まだ早いかな?」と思いますよね?

そうなんです!

検索流入が少なすぎる!!

ハズキルーペの渡辺謙ぐらいの熱量で言わさせていただきました。

GoogleやYahoo!、bingなど様々な検索エンジンがある中で、玄人狙いのこの「世界は笑いでできている」に流れてくる人が全くいません。

「一般の方が知りたいのはそういうことじゃない」ということに2か月経って気づきました。

完全に遅すぎました。山本太郎の牛歩ぐらい遅すぎました。


元々、なぜ自分がそういう玄人向けの記事を書いていたかと言うと

〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」系の記事を極端に嫌っていた

という理由が根底にありました。

そういう薄すぎる記事のせいで深く調べることをやめてしまう方もいると思うので、それを撲滅してやろうという思いでブログを始めましたし、「絶対自分はこういう記事を書かない」と決めて始めたのであえて玄人向けのニッチな記事ばかり書いていました。

ただ

「〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」系を書かない=玄人向け

この等式が大きな間違いでした。「≠」

・自分が玄人向けの記事を書いたところで玄人しか読まないこと

・結局これまで通り一般の方は「〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」系で情報を仕入れること

に気がつかなかったのです。

自分が目指すべきところはその中間。

濃い「〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」

ここでした。

だからと言って「結局なにもわかりませんでした」オチにはしません。

濃い内容、特濃です。

自分が見た漫才、コント、落語、漫談、フリップの感想や見どころを添えて「〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」に打ち勝つ記事を書くのが一番だということに気が付きました。

これを実行することによって、他の「〇〇の経歴は?彼女はいる?高校を調べてみた」に検索順位でも勝てますし、より詳しい情報を知ってもらえるきっかけになることが出来る。

情報を知りたい一般の方に興味を持ってもらい、なおかつお笑い玄人の方にも読み応えのある

そういう記事を書くのがベストなんです。

今、「世界は笑いでできている」で安定して検索流入があるのは、

この記事だけです。

サーフボードストレッチさんの詳しい情報も載っていますし、ネタの紹介・見どころに加え、社会人お笑いの分析とタイトルこそ釣り記事みたいですが読んでもらえるとそれだけではないことがわかる。

自分の中でも一番自信のある記事です。


なので、これからは

情報を知りたい一般の方に興味を持ってもらえて、なおかつお笑い玄人の方にも読み応えのある記事

を目指した記事作りを心掛けていきますので、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました